離煙パイプとは!?選ぶときに考慮すること

最近、喫煙者には住みにくい世の中となっており、どこへ行くにも喫煙場所を探す必要があります。また、喫煙のリスクが様々なところで見かけることも多く健康に対しても害があるので禁煙をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。禁煙をいざ始めても挫折してしまうことも多くなかなかやめられません。そんな時に活用できるのが禁煙グッズです。

中でも離煙パイプは、「吸いながら禁煙ができる」をコンセプトにたばこを我慢することなく禁煙できる方法として有名です。構成は1番から31番まで番号の書いてあるパイプで、たばこを吸う際に吸口部分に取り付けるだけの簡単な仕様になっています。一日毎にパイプを順番で取り換えていき、31番目のパイプを使う31日目が完全禁煙する目安です。パイプには、ニコチンの摂取を減少するための穴が開けられています。

減少率は徐々に上がっていき、1番では3%程度ですが、31番では95%減少することができます。段階的にニコチン摂取量を減らすことで依存症から脱却することができ、徐々に禁煙することが可能です。また離脱症状も軽くなります。1本のパイプで吸える本数に制限はありません。

中子と呼ばれる中心部は特殊構造になっていて、タールを吸着させてカットします。離煙パイプ、中子ともに洗浄することができるので、清潔に保つことが可能です。さらに、離煙パイプは使い捨てではなく、丸洗いができます。「2度使い」の時は使用した離煙パイプを再び使えるというメリットもあります。