吸いながら禁煙できる離煙パイプ

タバコは健康に良くない、周囲の人の健康にも影響が出る可能性があるともいわれていますが、長年喫煙を続けてきた人は急にタバコを断つのは厳しいものがあります。

そこで、電子タバコやニコチンガムなどの禁煙に役立つグッズを活用する人も多くなっていますが、やはり味も風味も本物のタバコとは違うので、続けるのが難しい、ついタバコに手を出してしまうという人も多いのではないでしょうか。禁煙に挑戦しているときに、つらいのはやはりタバコが吸えないということですが、離煙パイプなら、いつものようにタバコを吸いながら禁煙ができると評判です。

なぜ離煙パイプで禁煙ができるのか、まずはその仕組みを知っておきましょう。離煙パイプの仕組みはそれほど難しいものではありません。31種類のパイプが用意されており、それをタバコに装着して吸うものとなっています。1本ごとに異なる穴が開いており、煙の量を調整していきます。毎日少しずつ摂取するニコチンの量を減らしていけるのがメリットです。

少しずつニコチンの量を減らしていても、味はそれほど変わらないのでストレスのない禁煙ができるのもこの商品の良いところです。毎日、タバコを吸っていても、体内のニコチン濃度は減っていき、最後にはタバコがなくても大丈夫になるといわれています。色々な禁煙方法を試しても挫折してしまった人や、タバコのない状態に耐えるのはつらいという人もこうした方法なら無理なく取り入れられるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *