離煙パイプについての解説

離煙パイプとは、株式会社マジカルが開発した禁煙のためのグッズです。

通常の禁煙、または禁煙への移行にはニコチンの量の少ない電子タバコやメンソールなどを含んだ禁煙パイプが用いられます。しかし、離煙パイプはそういったタバコ風のものを用いる禁煙グッズではありません。離煙パイプはタバコそのものを利用して禁煙を行っていくものとなります。その部分で大きく他のグッズとは異なります。離煙パイプは横穴の空いた特殊な構造のフィルター付きのパイプに、通常のタバコを取り付けて使用します。そのパイプのフィルターはタバコからのニコチン量を減らすことができる構造になっており、そのフィルターは31種類あります。

それぞれで少しずつニコチンの削減量が違います。使用者は一日置きにパイプを交換していくことで徐々にニコチンの摂取量を減らしていくことができ、最終的には一本あたり0.005mgまで減らすことができます。0.005mgという数値は空気中に含まれているニコチン量と同じであり、実質的には禁煙している状態と等しい摂取量となります。通常のタバコ一本に含まれるニコチン量は1mgですが、2mg含まれている物で離煙パイプを使用する場合は31日後に1mgのものに変更した上で、適切なパイプを使用しなければなりません。パイプは洗って再利用できるので買い換える必要はありません。また、31日で無理と思う場合はパイプ一本を2日間使い、2ヶ月かけて禁煙を目指していく方法も有効です。使用後はニコチンの摂取量が減った状態からの禁煙となるため、ニコチンが摂取できないことによる離脱症状が軽めとなります。本商品を使用した禁煙は、タバコの本数を減らし、その後に吸うことをやめる方法よりもより心理的な負担が少なく済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *