優れた離煙パイプの仕組

タバコに含まれているニコチンの濃度別に、1から31まで番号がふってある31本のパイプセットはあります。これは離煙パイプという普段通りにタバコを吸いながら最後は禁煙することができるといった商品です。使い方としては吸口に専用のパイプをくっつけるだけです。いったいなぜ最後は禁煙できるのでしょうか。

離煙パイプを導入した人は、日ごとに番号通り専用パイプを取り替えていきます。人によっては2度同じパイプを使い、その中で少しずつニコチンに対する依存度を下げていきます。同じパイプを2度使う場合は2ヶ月ほど経てば禁煙することができるでしょう。専用のパイプについてはニコチンを取り込む量を減らす穴があいているのですが、ふってある番号が大きいものほど穴が大きいです。

また空気の吸入量によってニコチンをカットすることができる構造になっています。基本的に薬剤やフィルターは使われていません。最終段階において用いる専用パイプのニコチンの量は0.005ミリグラムです。例えばニコチン置換と呼ばれる専用のパッチを体に貼る方法があります。

効果的な方法ですが、人によってはめまいがしたり頭痛を感じたりします。副作用があるので病気を患っている人や妊娠中の人などは実施しない方がいいかもしれません。精神的な禁煙支援が実施される医師の禁煙外来に関しては、どうしても時間がかかってしまいます。離煙パイプはそういったことがない非常に優れた商品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *