離煙パイプの仕組みについて

離煙パイプは禁煙グッズの一つです。たばこの吸口部分に取り付けて使用し「吸いながら禁煙できる」ことが特徴です。たばこを吸うのを我慢することもないため、無理のない禁煙方法と言えます。離煙パイプは、1番から31番までの番号が書かれている31本のパイプで構成されています。

このパイプを1番から使用していき、1日置きにパイプを番号通りに取り替えていくため、完全に禁煙するためには31日が目安です。しかし、人によっては2回使いをしていく必要があるため、2ヶ月ほどかかる場合もあるようです。離煙パイプの仕組みは、ニコチンの摂取量を減らすために横穴があけられています。たばこを吸う際に主流煙とあけられた穴からの空気を同時に吸うことでニコチンの摂取量を減少させています。

パイプの番号が大きくなればなるほど、空いている穴が大きくなりニコチンの摂取量を減らすことが可能です。段階的にニコチンの摂取量を減らしていくことでニコチン依存症からの脱却をはかり、身体を慣れさせることで離脱症状を軽くさせる効果が期待出来ます。どの銘柄のたばこでも使用は可能ですが、たばこによってニコチンの含有量は違うため、禁煙までの日数は変化するでしょう。離煙パイプは、たばこを吸いながら禁煙できることが特徴の無理なく禁煙できるグッズです。

その仕組みとは、段階的にニコチン摂取量を減らしていくところにあります。そのため、禁煙したいと考えている方にとって魅力的だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *