血糖値とはどのようなものなのか

体の中では臓器がいろいろな活動を行っており、それによって人間は健康に活動をすることができるようになっています。そしてそのような健康状態をチェックするために臓器の活動やそれに伴った結果を数値にすることによって目で見て判断することができるようになっており、結果として健康かどうか、問題がないかを判断します。その指数のひとつとして用いられているのが血糖値であり、これは名前の通り血中に含まれている糖分の数値を表したものとなっています。この糖分は正確に言えばブドウ糖のことを指しており、食べ物を摂取することによって血糖値は上昇し、運動したり時間経過することによって下がっていくものとなっています。

なので一定数は血液中に漂っているのが普通であり、これが一定数よりも高すぎたり低すぎたりすると問題になりやすく、特に血糖値が高い場合は生活習慣病のひとつである糖尿病が疑われてしまうため、注意が必要な数値となっています。では血糖値の平均値はどのようになっているのかというと、空腹時は血液1デシリットルあたり80から110ミリグラム、食後2時間で80から140ミリグラム程度に保たれているのが正常な数値であり、それよりも高いかどうかによって病気の可能性を診断することができます。また、空腹時や食後2時間などタイミングによっても正常値が異なっているので、検査をする場合はどのような状態で検査を受けているのかというところも重要なポイントの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *