血糖値で何がわかるのか

血糖値というのは血液中に含まれているブドウ糖の濃度を数値化したものです。ブドウ糖というのはエネルギー源として重要な成分ですが、この濃度が高すぎたり低すぎたりすると様々な病気の原因の一つになります。このブドウ糖をエネルギーとして使うためにはインスリンが必要になるのですが、インスリンが不足してしまえば高血糖になり逆に過剰に分泌されると低血糖になるわけです。どちらになっても身体にはよくありませんので、血液検査によって血糖値を調べるということは病気の発見や治療には欠かせないのです。

血糖値は健康な人でも一日の中で絶えず変動しています。基準値としては空腹時70~109mg/dl、食後で140mg/dl未満が正常とされています。血糖値が高い高血糖の場合に疑われる病気としては、糖尿病やクッシング症候群、肝硬変などがあります。一般的に空腹時に126mg/dl以上、食後に200mg/dl以上の血糖値であると糖尿病の疑いが濃厚だと判断されます。

病気によって数値が高くなることがありますが、その他の原因としてストレスや暴飲暴食、肥満や運動不足といった生活習慣によるものも考えられます。逆に低い場合にもインスリンノーマというインスリンが大量に放出されてしまう病気があります。その他にも肝臓がんなどの場合もあるので注意が必要です。健康診断などで定期的に検査をすることによって数値の変動を把握することが病気の早期発見につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *