ニコチンカット最大95%を実現!離煙パイプ

やめたいけどやめられない、そんな代表的な嗜好品がタバコでです。喫煙で問題視されているのがニコチン、煙に含まれるタール、一酸化炭素、カドミウムなど他の70種類を超える成分です。これらが肺ガンや動脈硬化の原因となることがわかっており、副流煙だけでなく喫煙習慣そのものが健康リスクになると考えられています。特にニコチン依存が、禁煙失敗の原因になると考えられており、いきなりタバコをやめてしまうとイライラしたり、ストレスを感じてしまいがちです。

1本のタバコ当たりに含まれるニコチン量は、なんと6~7mgもあるとされており、喫煙生活を長く続けるほど、禁煙時のストレスやイライラが溜まりやすくなります。そんなヘビースモーカーでも禁煙できると注目されているのが、離煙パイプです。喫煙生活を続けながら離煙できるという夢のような禁煙グッズの特徴は、ニコチン摂取量の調整にあります。1~31番まで番号が振られたパイプのそれぞれにサイズの異なる横穴が開けられており、喫煙時に煙が抜け出します。

番号が大きくなるほど横穴サイズも大きくなるため、喫煙してもニコチンやタールなどの摂取量を減らせます。1番パイプなら約3%減少、2番パイプなら約6%減少というように番号x3%減らせるので、31番パイプになると約93%もニコチン摂取量を削減、タバコ1本あたり6~7mgといわれていますが、31番パイプを使えば摂取量わずか0.005mgとなる計算です。生活習慣を変えることなく、少しずつニコチン摂取量を減らすことでストレスなく禁煙するのが離煙パイプの魅力といえるでしょう。禁煙をしたいなら、ぜひ離煙パイプを試してみてください。

愛飲しているタバコに離煙パイプを取り付けるだけなのでとても簡単です。またタバコブランドのフィルターサイズによって、GSとGRの2種類のパイプがあるので、購入前に必ず確認してください。離煙パイプのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *