離煙パイプが禁煙できるポイント

煙草を喫煙している人は多くいますが、最近では喫煙する場所などが限られてきています。また健康面でもおすすめできる内容ではないので、自分でも止めたいと感じている人は多いです。ですがニコチンを長い年月をかけて摂取していることで、依存した体質になっておりなかなか止めるのが難しい場合も多くあります。そんな時に様々な禁煙方法がありますが、その中の1つに離煙パイプを活用があります。

これは特徴として普段から煙草を吸っているのと同じ状況から自然と止められる仕組みが特徴です。まず離煙パイプ自体は1セットで31本はいっており、数字の書かれているパイプに煙草を差して吸う形になります。1日目であれば1番と書かれたパイプを使用し煙草を吸い、煙草自体はパイプに差して利用するので何本でも吸う事自体は可能です。2日目は2番と書かれたパイプを使用し、日が経つにつれて使用するパイプの番号を変えていきます。

そうすることで自然と1日置きにニコチン摂取が3%ずつ減らされており、31日を過ぎると自然とニコチンの量が95%も減っている状態になります。そうする事で自然と身体が依存しているニコチンの量が減り、自然と身体がニコチンも求めなくなるので自然と禁煙できる仕組みです。普段から煙草を吸っている人が突然吸う事自体を止めるのではなく、吸いながらニコチン摂取量が減っているので無理なく禁煙を進めていく事が出来ます。また1日の煙草の数量などの制限はなく、離煙パイプを使用するだけという手軽さも魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *