煙草とのお別れは少しずつ!離煙パイプで禁煙成功

煙草は健康を害するとわかっていても、喫煙者がいきなり禁煙するというのはかなりの精神力を要するものです。しかし急に止めるのではなく、毎日少しずつ煙草に含まれているニコチンの量を減らして行くという方法ならば、禁煙の成功率を格段に上げることが可能になります。その立役者とも言えるのが、最近話題になっている離煙パイプです。離煙パイプには、1番から31番までの番号が書いてあります。

そして、喫煙者は毎日番号順に煙草の吸い口に離煙パイプを取り付けて喫煙します。すると、早い人なら31番目のパイプが本当に最後の喫煙体験、つまり1カ月で禁煙が出来るという仕組みになっています。離煙パイプの秘密は、パイプに設けられている横穴です。煙草を止められない人というのは、その理由として体内のニコチン量が関係しています。

つまりそれは、毎日少しずつ摂取するニコチンの量を減らすことで、無理なく禁煙に適した身体を造り出すことが出来るということです。番号と比例して横穴が大きくなる離煙パイプでは、最後の31番のパイプでは、95パーセントものニコチン摂取量がカットされるようになっています。最後のパイプを終えた時点で、体内に残っているニコチン量が始めた時に比べて劇的に減っているため、そこからの禁煙は比べ物にならないほど楽になるということは想像に難くないでしょう。ニコチン依存量が低い状態からのスタートということになるので、成功率も自然に上がることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *