煙草と徐々に距離を置く離煙パイプ

百害あって一利なしと言われるように、煙草の害は誰もが知るところでそのために是非禁煙したいという人は常にいます。が、途中で挫折する人も大勢いるのが事実です。ところが離煙パイプが登場してからというもの、想像していたよりもずっと楽に禁煙出来たという声が広まっています。離煙パイプは禁煙グッズのひとつで、1から31までの番号が書いてある31本のパイプで構成されていて、毎日煙草を吸引する部分にこの離煙パイプを取り付けていつも通りに喫煙するだけで、1カ月後の禁煙成功を目標とするようになっています。

喫煙者の禁煙が成功しない理由のひとつに、何となく口さびしいということがあります。その代わりに飴やガムを口の中に入れたりしても、それはあくまでも煙を吸うという行為ではないので、煙草の代わりにはなかなかなり得ないのが本当のところです。しかし、離煙パイプはそういった意味では吸いながらの禁煙が可能ということになるので、口さびしさに耐えられなくて禁煙が中断するということが起こりにくくなります。番号順にニコチン摂取量を減らすためにパイプに設けられている横穴が大きくなり、最後の31番目のパイプでは95パーセントも二コリン量を減少させることが可能になっています。

いきなり禁煙をして、ニコチンを一切取らなくするのではなく、徐々にニコチンから離れていく仕組みとなっているため、禁煙ではなく離煙パイプという名前が付けられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *