無理をせずに嫌煙するためには離煙パイプがベスト

禁煙を決意することは誰にでもできる簡単なことですが、実際にタバコを吸わないで何日も過ごすことは難しいものです。タバコを止めたとたんにイライラしたり、落ち着きがなくなったり、ひどいときには体が震えてしまうというケースもあります。これはニコチン依存症と言えるでしょう。依存症はタバコだけではなくてお酒やギャンブルでも多く目にすることがある病気です。

そこから立ち直るためには相当な努力が必要になります。すんなりと禁煙ができる人もこの世の中にはいますが、なかなかできないという人は本当に多いです。禁煙すると公言した最中に、自分では気付かないうちにタバコを買っていた、なんていう人も少なくありません。ここで大切なことはけっして無理をしないということなのではないでしょうか。

無理をすれば必ずどこかにその反動がやって来ます。無理をしないで禁煙に成功させる方法はないわけではありません。我慢せずに禁煙できる方法と言ってしまえば、おそらく多くの人は疑いの目を向けてきます。しかし、そういう方法も現実に存在するのです。

それが離煙パイプというものになります。離煙パイプというものは徐々にタバコのニコチン量を減らすことで完全な禁煙に到達させるものです。そこには個人差もありますので、必ずしもすんなりというわけではありませんが、他の禁煙グッズを使うよりも比較的に楽に禁煙できるのではないでしょうか。離煙パイプには31本のパイプがあり、それぞれのパイプには大小の小さな穴が開けられています。

基本的には穴の小さなパイプから大きい方へと移って行き、31日で禁煙完了というのが理想的なのですが、きついタバコを吸っている人はもう少し時間がかかるかもしれません。でも、続けることで禁煙は可能となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *