失敗しない離煙パイプの使い方

ニコチン依存による禁煙の失敗につながってしまった人は、摂取する量をコントロールすることができる離煙パイプを使うと失敗するリスクを減らすことが可能です。いつものタバコを吸い続けながらニコチン摂取量だけ徐々に抑えていく方法だから、吸わないストレスがかかりにくいところも特徴です。31本がセットになっていて番号通りの順番で使っていき、いつものタバコを差し込んで吸うことになります。1日目はわずかな量で約3%分だけをカット、毎日カットする量が3%ずつ増えていくようになっているから、急激に数本数を減らしたときのようなイライラ感が出にくいです。

最終的には31本目で約95%までカットになるため、ほとんど摂取していないのと変わりがないくらいまで1か月をかけて到達できます。徐々にニコチン依存から脱出できるよう摂取量を減らしていくことができる離煙パイプだけど、もともとニコチン含有量が多いタバコの人は31本目まで使っても、依存から脱出できる量まで減らせていません。だからそこで離煙パイプの使用をやめてしまうと、もとに戻ってしまう可能性があります。31番まで使い切ったらニコチン量が少ないタバコに切り替えてまた1番から31番まで使うと、禁煙に成功しやすいです。

離煙パイプは洗えるようになっているけど、2度使い用や好みの番号のだけバラ売りで買うことも可能です。最終的にそれでもタバコが手放せないときには、31番だけがセットになっているキープパイプが売られているので、それを使えばニコチンを減らした状態をキープできます。離煙パイプを治療に採用している医療機関もあるから、心配な人は禁煙治療を受けながら使っていくのもよいでしょう。