離煙パイプは禁煙がなかなかうまくいかないときも有用

離煙パイプは通気口の大きさを変えてニコチンの量を調節するという、新しいアプローチの禁煙グッズです。しかし、この商品をつかってタバコをやめられるかどうかは、最終的には喫煙者の意思にかかっています。人によってはなかなか禁煙がうまくできない場合がありますが、離煙パイプについてはそんなときにも有用なアイテムです。離煙パイプによる禁煙は、31番目の一番穴が小さいパイプを使った後にタバコを吸うのをやめ、しばらく経っても吸いたい気分がなくなったら成功とみなされます。

一方で、やめた後に1本だけでも吸いたいという誘惑がなかなか取れない場合でも、31番目のパイプをつかえばニコチン依存に戻るのを防ぎつつやめるタイミングを待つことができるようになっています。31番目のパイプをつかって喫煙した場合のニコチン依存量は0.005ミリグラムで、何もフィルターを通さずに吸うときの5パーセント程度の量しかありません。離煙パイプの製造と販売を行うメーカーではなかなか禁煙できない人のために、御守パイプとキープパイプという2種類の補助アイテムを用意しています。御守パイプは最も開いている穴が小さい31番目のパイプと収納用のプラスチックケースのセットで、キープパイプは31番目のパイプのみを10本同梱したセットです。

離煙パイプを使った禁煙にチャレンジする場合、本当にやめられるかどうかが不安であればこれらの補助アイテムも一緒に購入すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *